ようこそ、ゲストさん!   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
目次
ブログ - 投稿者

jamesさんの日記

2018
8月 7
(火)
17:01
美しいドレープがずっと続く、形状記憶カーテン。
カテゴリー  未分類
本文
今までにカーテンを買った時、裾が広がってしまったり、ドレープがまとまらない、そんな経験ありませんか?

そんな悩みを解決するのが形状記憶加工です。
形状記憶加工を施した商品とそうでない商品を比べと、加工品のほうが、均等なドレープが生まれ、開け閉めした時もキレイな形状がキープされます。

形状記憶加工とは、カーテンのドレープを美しく整えるための加工方法のことで、生地をウェーブがついた型紙に挟み、真空窯の中で熱を与えて、繊維に形状を記憶させる加工技術のことです。加工には、薬剤を使用していないので、小さなお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

見た目も、使い心地もワンランクアップする形状記憶加工で、快適な空間を演出しましょう。

形状記憶カーテンの特徴について、詳しくはこちらをご確認ください。
https://www.curtain21.com/article.php?id=34

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
8月のカレンダー
«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
カテゴリー
アクセス数
1613 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
jamesさんの日記
よくある質問 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | プライバシーポリシー | About us |
Powered by Takahashi marketing office © 2001-2011 seniorwings