ようこそ、ゲストさん!   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
目次
ブログ - 投稿者

Anseiさんの日記

2014
2月 28
(金)
10:49
アンネの日記
カテゴリー  未分類
本文
「アンネの日記」および関連書籍のページが破られる事件が東京一帯で起きている。
私はanti-Semitism(反ユダヤ主義)が日本にも波及したのかと暗然とした気持ちになった。

しかし当初の数日、日本のマスコミの報道は「本を破るとは何と心ない行動か」といったもので「日本におけるanti-Semitismはどうなっているのか?」という本質的な追求をすることはなかった。いつものことながら底の浅さ、能天気さは際立っている。イスラム諸国の反イスラエル感情、ヨーロッパ全域に蔓延している「ネオナチ運動」との関連、第3国による画策の可能性などを追求するのが彼らの責務である。

やっと最近、海外の尋常でないリアクションにビックリして、「反ユダヤ主義」にようやく言及するようになった。

ユダヤ人社会では母親がユダヤ人であれば、子供たちは自動的にユダヤ人と認定される。日本にもユダヤ人の子孫が(国籍は日本でも)かなりの数で存在しているはずである。決して他人ごとではない。

日本のメディアの国際音痴には呆れ返るばかりである。
カテゴリー
投稿者 スレッド
powerwings
投稿日時: 2014-2-28 18:53  更新日時: 2014-2-28 18:53
管理人
登録日: 2010-5-17
居住地: 神奈川県
投稿数: 96
 RE: アンネの日記
この事件ははどういうことなのでしょうね。

確信犯が一人でやったという印象ですが、事の次第が早く解明されるといいですね。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
よくある質問 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | プライバシーポリシー | About us |
Powered by Takahashi marketing office © 2001-2011 seniorwings