ようこそ、ゲストさん!   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
目次
ブログ - 投稿者

さんの日記

2013
12月 17
(火)
22:09
えびすや旅情
カテゴリー 
本文
四国の北西に、長く延びた佐田岬半島があるのを記憶しておられるだろう。すくなくともそんな感じで、長い半島があったと、おぼろに覚えておられるのではないか。

その佐田岬半島の先っちょに、佐田岬がある。豊後水道をはさみ、九州の佐賀関半島に対峙している。

そして、その佐田岬のふもとに三崎という港がある。九州の佐賀関と四国とを結ぶ九四フェリーの港だ。歴史は古い。昔は栄えた。

そして、話は長くなったが、その港町に「えびすや」という旅館がある。今回のエピソードはその「えびすや」である。

「えびすや」は60代の母と30代の娘が切り盛りしている旅館だ。「いいんですよ、大勢の世話はできないし・・」。建物は古いが、昔の繁栄をとどめている。
おやじはJAZZを聴く、ここらで唯一の人間だ。

料理には真心がこもり、画家が立ち寄り、猫が遊び、集落には床屋がある。しかし、洗面所は昔のままだ。

おかみは昔の美術品を集めるのが趣味だ。娘は母の簡素で素朴な手料理をお客に出す。

フェリーが出発する。なにか変ったのだろうか、それとも何も変わらなかったのだろうか。なぜか、涙ぐむほど旅情がせまった。



カテゴリー
投稿者 スレッド
ディズニーの住人
投稿日時: 2013-12-17 22:52  更新日時: 2013-12-17 22:52
ダイヤモンド
登録日: 2010-6-14
居住地: 千葉県
投稿数: 6277
 RE: えびすや旅情
最後のショット ものすごく良いですね。
雪女
投稿日時: 2013-12-18 10:42  更新日時: 2013-12-18 10:42
ダイヤモンド
登録日: 2010-7-5
居住地: 滋賀県
投稿数: 288
 RE: えびすや旅情
近ければ泊まってみたい旅館〜
主がジャズ好きも良い感じ〜

昨夜、ウイスキー番組をBS7で見た。
ウイスキーにちょっぴり魅せられている者にとっては、魅力的な番組だった。

昭和は辛い時代だったけれど、程よい雰囲気を持ち合わせた時代でもあった。

洋さんが惹かれた旅館もそんな佇まいを感じさせてくれる。
かおる
投稿日時: 2013-12-18 11:42  更新日時: 2013-12-18 11:42
ダイヤモンド
登録日: 2010-6-14
居住地: 千葉県
投稿数: 886
 RE: えびすや旅情
あ〜 洋さん行ったんだ。

関アジや寒ブリが美味しかったでしょう。
そのあたりの集落ほんと雰囲気有っていいよね。
投稿日時: 2013-12-18 15:20  更新日時: 2013-12-18 15:20
ダイヤモンド
登録日: 2010-5-23
居住地: 神奈川県
投稿数: 4206
 RE: えびすや旅情
ディズニーの住人さん


朝から雨で、折よく向こうから傘の人が来たので入れさせていただきました。この1枚では何も分かんないですが、ストーリーになっているとわかりますね。
投稿日時: 2013-12-18 15:25  更新日時: 2013-12-18 15:25
ダイヤモンド
登録日: 2010-5-23
居住地: 神奈川県
投稿数: 4206
 RE: えびすや旅情
雪女さん

そう、雪女さんが想像するような旅館ですよ、きっと。ジャズが小さく流れていました。しかし、ところどころに活けてある花は、野の花。骨董品は品の良さがうかがわれ、しかし、インターネットにはキチンとつながる。布団は羽毛。

もうわかったでしょ。「おもてなし」は田舎っぽくないけれど、すれっからしではない。そう、昭和の旅館です。
投稿日時: 2013-12-18 15:34  更新日時: 2013-12-18 15:34
ダイヤモンド
登録日: 2010-5-23
居住地: 神奈川県
投稿数: 4206
 RE: えびすや旅情
かおるさん

関アジ、旅館で出ましたよ。それとなくね。

じつは別の機会に佐賀関に行きました。道の駅で関アジ1匹2600円とありました。いくらなんでもひどい。

おなじアジでも三崎に上がればそんなことはない。
そのアジを鼻に掛けない「えびすや」の品格を感じました。
ぴろ
投稿日時: 2013-12-19 0:02  更新日時: 2013-12-19 0:02
ダイヤモンド
登録日: 2010-11-11
居住地: 京都
投稿数: 623
 RE: えびすや旅情
洋さん、良いですね、何かほっとした気持ちです、特にガラス窓の昔風なそのものガタガタ
音を立てて開け閉めする様子を想像します、
この様な旅館泊まれるのもよいですね、
懐かしい風景に出会えるのも嬉しいです、また
土地土地の産物に出会えるのも楽しみですね。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
よくある質問 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | プライバシーポリシー | About us |
Powered by Takahashi marketing office © 2001-2011 seniorwings