ようこそ、ゲストさん!   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
目次
ブログ - 投稿者

Anseiさんの日記

2013
5月 19
(日)
08:45
橋下氏の発言
カテゴリー  未分類
本文
橋下大阪市長、維新の会代表の発言は基本的に間違っていない。(唯一の問題・・・沖縄の米兵の猛者たちはもっと合法的な風俗営業を活用したほうが良い、という発言は後に不適切として謝罪した)。ただし彼は男性の逞しい性エネルギーに対し、いささか子供っぽい、体育会系的な・・・もっと悪い表現を使えば“ナイーヴ”な賛美・肯定の感情があるらしい。(銃弾の飛び交う下で走り回る若い兵士たち、という表現はフィールドを走り回るラグビー選手の猛者たち、と同じように聞こえる)。しかし、これは「キリスト教的モラル」では絶対に受け入れられないissueなのだ。性的エネルギーの発散はキリスト教的モラルに洗脳されている世界にあっては決して容認されることはない。アメリカでは性犯罪に対し日本より遥かに重い刑か科せられる。

橋下氏は事なかれ主義の日本のリーダーのなかでは正論を鋭く説くことの出来る稀有な人物である。今回に限っては、日本も含めて世界の殆どがキリスト教的モラルに席捲、洗脳されていることに無知であった。発言はあまりにも準備不足で戦略性を欠いていた。つまり橋下氏には国際性がなかった、ということである。(これは猪瀬東京都知事の失言と軌を一にする)。結果として橋下発言は日本に対して深い恨みをもつ韓国、中国だけでなく欧米全体の反感を受けることになったのである。

橋下氏は今後、当分のあいだ国内外のバッシングを受け続けるであろう。しかし、私は橋下氏の政治活動を個人的には支持をして来たし、これからも彼の勇気ある行動はサポートするつもりである。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
よくある質問 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | プライバシーポリシー | About us |
Powered by Takahashi marketing office © 2001-2011 seniorwings