ようこそ、ゲストさん!   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
目次
ブログ - 投稿者

Anseiさんの日記

2013
4月 27
(土)
11:38
村上春樹の新刊読みました
カテゴリー  未分類
本文
話題の作品「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読みました。村上春樹の作品を読むのは初めてです。朝まで徹夜で一気に読了しました。感想はこの作家が稀代のエンタテイナーだということです。きびきびした平易な文体。翻訳されることを想定したような会話の形。ミステリー仕立てで読者の興味を引っ張ってゆく手法。ワインやカクテルを含む食文化やブランド品に関する薀蓄。散りばめられたシェイクスピア、ヴォルテール、アルダス・ハクスレーなどの警句。並の人よりは頭がいいと思っている(あるいは思いたい)読者の自尊心をくすぐる術は絶品です。疎外感、絶望、死への怖れと願望といった深刻なテーマを扱いながら、読み終わって重く心に残るものは何もありません。唯一残るのは甘酸っぱい青春の香り。極めて爽快です。この本を読んだ殆どの人たちは1冊の小説を読み終えたという達成感と心地良い幸福感に浸ることでしょう。ハルキストという読者のグループが存在することは良くわかります。

村上春樹はノーベル賞候補に上がっているそうです。しかし過去のノーベル文学賞受賞者はいわゆる「純文学」に属する人たちです。その意味で村上春樹のような娯楽作家が受賞するのは難しいのではないかと思った次第です。

カテゴリー
投稿者 スレッド
まいこもも
投稿日時: 2013-4-27 20:15  更新日時: 2013-4-27 20:16
ダイヤモンド
登録日: 2010-7-6
居住地: 高知県
投稿数: 543
 RE: 村上春樹の新刊読みました
ノルウェイの森 羊をめぐる冒険 あたり
しか読んでなくて
あんまり好きじゃなかったので 今度の新作も
あまり興味ありませんでしたけど・・・

そうですか Anseiさんの感想 絶賛ですね。
読んでみたくなりました。取りあえず図書館にリクエスト入れておきます。 
ぴろ
投稿日時: 2013-4-27 21:13  更新日時: 2013-4-27 21:13
ダイヤモンド
登録日: 2010-11-11
居住地: 京都
投稿数: 623
 RE: 村上春樹の新刊読みました
街中の何時も届けて頂く本屋さんに何気なく聞いて見れば、1冊だけ残っているとの事、早速届けて貰いました、つくるの人物を・・先ずは知ろう
とほんの少し読みましたが、風邪ダウンでその儘です、余り乗り気のしない小説の感がしました。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
よくある質問 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | プライバシーポリシー | About us |
Powered by Takahashi marketing office © 2001-2011 seniorwings