7000円 ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート 【ふるさと納税】G0232 【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン ピロークロス インテリア・寝具・収納 寝具 寝具カバー・シーツ 枕カバー インテリア・寝具・収納 , 寝具 , 寝具カバー・シーツ , 枕カバー,/news/2021/10/008388.html,ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート,seniorwings.jpn.org,7000円,【ふるさと納税】G0232,【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン,ピロークロス インテリア・寝具・収納 , 寝具 , 寝具カバー・シーツ , 枕カバー,/news/2021/10/008388.html,ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート,seniorwings.jpn.org,7000円,【ふるさと納税】G0232,【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン,ピロークロス ほてった体を 冷感素材でひんやりクールダウン 寝苦しい夏の夜が快適になる頭 付与 首筋用冷感シート ふるさと納税 G0232 首筋ひんやり 寝苦しい夏の夜を快適に リネンクールワン ピロークロス 頭 ほてった体を 冷感素材でひんやりクールダウン 寝苦しい夏の夜が快適になる頭 付与 首筋用冷感シート ふるさと納税 G0232 首筋ひんやり 寝苦しい夏の夜を快適に リネンクールワン ピロークロス 頭 7000円 ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート 【ふるさと納税】G0232 【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン ピロークロス インテリア・寝具・収納 寝具 寝具カバー・シーツ 枕カバー

ほてった体を 冷感素材でひんやりクールダウン 注文後の変更キャンセル返品 寝苦しい夏の夜が快適になる頭 付与 首筋用冷感シート ふるさと納税 G0232 首筋ひんやり 寝苦しい夏の夜を快適に リネンクールワン ピロークロス 頭

ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート 【ふるさと納税】G0232 【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン ピロークロス

7000円

ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート 【ふるさと納税】G0232 【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン ピロークロス






・ふるさと納税よくある質問
・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。


商品情報

名称ピロークロス
内容リネンクールワン ピロークロス(1枚)
製品サイズ約 60×70(cm)
カラーブルー
素材表生地:麻(リネン)100%
裏生地:ポリエチレン60% / ポリエステル40%
商品説明エアコンなしでもヒンヤリ感が長持ちする、頭・首筋用の接触冷感シートです。
リネンのガーゼ生地と、冷感素材「クールワン」生地の両面使えます。クールワンは、熱伝導性の高い旭化成「Q-MAX 0.324」という接触冷感素材です。
洗濯をくり返しても効果は持続。頭や首筋だけでなく、ふくらはぎや背中など、火照ったところを冷やすことができ、夏の睡眠を快適にしてくれます。
冷蔵庫で冷やす必要もなく、素材そのものに冷感効果があるので手間要らずです。
■生産者の声■
リネンガーゼ生地は、良質な極細のリネン糸を使用して織りあげているので、非常に柔らかな肌ざわりです。ガーゼ素材は通気性、吸水性共に高く、寝汗も素早く吸収してくれます。汗ばむ季節に最適です。
■ユーザーの声■
弱めに扇風機をつけながら、このシートを使って寝ています。体温であたたまったところも扇風機の風が当たるとまたすぐに冷たくなるので気持ちよく使えます。エアコンを使わずに、楽に寝付けるようになりました。
お届け期間ご寄附後、概ね2週間以内に発送させていただきます。
ただし、年末年始及びGWは、お時間をいただく場合もあります。
提供事業者株式会社山繊
愛知県蒲郡市本町16番地21

ほてった体を、冷感素材でひんやりクールダウン!寝苦しい夏の夜が快適になる頭、首筋用冷感シート 【ふるさと納税】G0232 【頭、首筋ひんやり!寝苦しい夏の夜を快適に】リネンクールワン ピロークロス

2021年6月に理事長に就任いたしました山地憲治です。
RITEは1990年に設立され、昨年には設立30周年を迎えました。
この30年間で地球温暖化問題への取り組みは大きく展開してきました。
地球温暖化問題は今後大きな転換が想定されるエネルギー需給構造を踏まえて、SDGsにおける地球温暖化問題以外のゴール実現とのバランスを図りながら解決していく必要があります。脱炭素社会の実現は、環境技術のイノベーションだけでなく、デジタル技術を活用したソサエティ5.0のような社会イノベーションとの連携と合わせて展望が拓けると考えています。
イノベーションが拓くエネルギー・環境の新時代に向けて当機構も貢献してまいります。