677円 【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 漢方 指定第二類医薬品 医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 漢方 , 指定第二類医薬品,seniorwings.jpn.org,/heirskip900673.html,【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包,677円 第 全品送料無料 2 類医薬品 本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包 677円 【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 漢方 指定第二類医薬品 医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 漢方 , 指定第二類医薬品,seniorwings.jpn.org,/heirskip900673.html,【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包,677円 第 全品送料無料 2 類医薬品 本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包

第 全品送料無料 2 本日の目玉 類医薬品 本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包

【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包

677円

【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包




※沖縄・離島・一部地域では別途中継料金がかかります。

※パッケージやデザインは変更する場合がございます。

:●商品紹介
本草センナ顆粒、大腸に直接作用して、低下している腸のぜん動運動を高めます。

●使用上の注意
■■してはいけないこと■■
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること
3.大量に服用しないこと
■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠又は妊娠していると思われる人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアルルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
はげしい腹痛、悪心・嘔吐
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
〔関係部位〕皮ふ
〔症状〕発疹・発赤、かゆみ

〔関係部位〕消化器
〔症状〕はげしい腹痛、悪心・嘔吐

(2)1週間服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。
下痢

●効果・効能
便秘
便秘に伴う次の症状緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔

●用法・用量
次の量を1日2回朝夕の空腹時に服用すること。
ただし、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること。
〔年 齢〕大人(15歳以上)
〔1 回 量〕1/2~1包
〔1日服用回数〕2回

〔年 齢〕11歳以上15歳未満
〔1 回 量〕1/3~2/3包
〔1日服用回数〕2回

〔年 齢〕7歳以上11歳未満
〔1 回 量〕1/4~1/2包
〔1日服用回数〕2回

〔年 齢〕7歳未満
〔1 回 量〕服用しないこと
〔1日服用回数〕服用しないこと

小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

●成分・分量
2包(大人の1日最大服用量)中、次の成分を含有する。
〔成分〕日本薬局方センナ末
〔2包(3.0g)中〕1.000mg
〔主な作用〕大腸の直接作用して、低下している腸のぜん動運動を高めます。

乳糖、バレイショデンプン、セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸
Mg

●保管及び取扱いの注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないこと。

●お問い合わせ先
本品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記までご連絡いただきますよ
うお願い申し上げます。
本草製薬株式会社 お客様相談室
〒468-0046 名古屋市天白区古川町125番地
052-892-1287(代表)
月~金曜日 9:00~17:00(土、日、祝祭日の除く)

広告文責:株式会社ケイポート
電話:03-5436-6655
メーカー名:本草製薬株式会社
区分:日本製・医薬品

【第(2)類医薬品】本草製薬本草センナ顆粒1.5gx40包


「低炭素社会の実現に向けたアンモニア燃焼・材料国際研究交流拠点の構築」

アンモニア燃焼と耐アンモニア材料の統合研究を行う「アンモニア燃焼・材料研究拠点」を構築。アンモニア燃焼システムの社会実装を目指し、海外拠点との国際交流・若手育成を行います。

【お知らせ】(重要) 2021年 10 月 1日  新型コロナウイルス感染拡大防止のための東北大学の行動指針(BCP)がレベル1へ引き下げ

YouTubeチャンネル