日本ヘルメチックス 大好評です ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX ハケ付缶入り GR GR環境対応型水性防錆塗料 854円 【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX GR環境対応型水性防錆塗料 ヘルメシールNo.30‐EX GR ハケ付缶入り 花・ガーデン・DIY DIY・工具 接着・補修用品 コーキング GR環境対応型水性防錆塗料,seniorwings.jpn.org,ヘルメシールNo.30‐EX,GR,【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り,/blog-date-200803.html,ハケ付缶入り,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 接着・補修用品 , コーキング,854円,ヘルメシールNo.30‐EX 854円 【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX GR環境対応型水性防錆塗料 ヘルメシールNo.30‐EX GR ハケ付缶入り 花・ガーデン・DIY DIY・工具 接着・補修用品 コーキング GR環境対応型水性防錆塗料,seniorwings.jpn.org,ヘルメシールNo.30‐EX,GR,【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り,/blog-date-200803.html,ハケ付缶入り,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 接着・補修用品 , コーキング,854円,ヘルメシールNo.30‐EX 日本ヘルメチックス 大好評です ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX ハケ付缶入り GR GR環境対応型水性防錆塗料

日本ヘルメチックス 大好評です ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX ハケ付缶入り GR 本物◆ GR環境対応型水性防錆塗料

【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX GR環境対応型水性防錆塗料 ヘルメシールNo.30‐EX GR ハケ付缶入り

854円

【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX GR環境対応型水性防錆塗料 ヘルメシールNo.30‐EX GR ハケ付缶入り








商品番号110815010101
メーカー名日本ヘルメチックス
容量(g):250
納期3営業日出荷(メーカー手配品)
カラーグレー


ヘルメシールNo.30ーEXは、溶剤を100%カットした、環境対応型の有害物質を含まない安全で、環境にやさしい水性防錆塗料です。
特 長 
   1.100%溶剤をカットしました。 
     有機溶剤を一切使用していない、水性防錆塗料です。 

   2.脱ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンです。 
     揮発性有機化合物(VOC)シックハウス・シックスクール対象物質を 
     配合していません。 

   3.鉛・クロムフリーです。 
     鉛、クロム等の有害重金属を一切配合していない安全な製品です。 
     ※ JIS K 5674 2種(水系) 相当品 
  (鉛・クロムフリーさび止めペイント)  

   4.環境にやさしく、安全な水性タイプです。 
      有機溶剤を使用していないので、労働安全衛生法、消防法等に一切 
     抵触しません。 
  
   5.超低臭性です。 
     塗装中、塗装後も臭いを感じません。 

   6.優れた防錆力を発揮します。 
  ※ JIS K 5621 4種(水系) 相当品 (一般用さび止めペイント)
  パイプやダクト等の鉄面、亜鉛メッキ面を錆から守ります。
   7.作業性に優れています。 
     ダレにくいチクソ状で、塗布作業が楽に行えます。 

  用 途 
    1.屋内外の鉄部の防錆、補修に最適です。 

    2.配管設備の鋼管、ガス管、ライニング鋼管等の余ねじ部や 
     外面、ダクト等の外面や溶接部、亜鉛メッキ部等の傷の補修、 
     防錆作業に最適です。 
※価格は1個または1セットの単品価格になります。
ご注文の際の合計金額は発注単位により異なりますのでご注意下さい。



【日本ヘルメチックス】ヘルメシールNo.30‐EXハケ付缶入り ヘルメシールNo.30‐EX GR環境対応型水性防錆塗料 ヘルメシールNo.30‐EX GR ハケ付缶入り

導入実績(2021年9月30日)
国内:2,350
海外:909
  • Asprovaによる「計画作成効率化」

    計画立案がスピードアップし、迅速かつ
    正確な納期回答により機会損失を減らせます。

  • Asprovaによる「見える化」

    将来の設備負荷状況を把握できるため、シフト変更や外注等、早めの対応が可能になります。

  • Asprovaによる「在庫削減」

    生産計画の精度を高めることで、
    資源を最大限に活用できるようになります。

  • Asprovaによる「工程情報の共有化」

    工程情報を全社的に共有することで、トラブルが発生した際にも柔軟に対応できます。

アスプローバへのお問合せ